なぜ ライオンの隠れ家なのか

ライオンは、古代エジプトにおいて、太陽の使者とされ、
光・真実・再生の象徴とされていました。ライオンの隠れ家は、
本来の持てる力を発揮するための、安心できる最適な居場所。

新しい真の生きるための教育

脱均一化、個別化、自由の相互承認、表現の自由、魂の自由
「すべてを自分の決断と責任でやっていくことであり、危険を冒したり過ちを犯す自由であり、自立した生活をすることによって、自立生活を学ぶ自由である」


血縁によらない新しい共助コミュニティ

シェアハウス、グループホーム、就労A型、村、里山、農地、牧場、移住、
都会から地方への移住者、DV被害者、シングル、里子、障がい者、情緒、若者、生活保護受給者、高齢者、外国人、親との関係を断たれた若者など

安心安全な食、自給自足、オフグリッド

安心安全な食・飲料、自然エネルギー循環、湧き水、トークンエコノミー、
薬に頼り過ぎない統合医療、空き家、耕作放棄地の循環利用


事業内容①

コミュニティハウス(シェアハウス・ゲストハウス)

子どもから大人まで様々な世代のかたが障がいのあるなしに関わらず互いを尊重し、助け合いながら暮らすコミュニティハウス。
古民家の母屋には森林浴効果のある広めの檜風呂が2つ完備されています。
母屋のカフェスペースでは様々なイベントやライブ、音楽会、映画上映会などが開催され、
共同生活を楽しんでいただけます。
※ 空き部屋あり

セミナー事業(生涯学習サロン)

市民活動、勉強会、講演会、映画上映、対話会、読書会、音楽交流会など。夜は語り合いながら寝袋持参での「ねぶくろナイト」で。

会員制度により、大広間、セッションルームが割引でご利用いただけます。

コミュニティカフェ ライオンの隠れ家

心と身体に安心安全な波動水を使った飲み物と食べ物を提供します!波動スピーカーから流れる懐かしいレコードの音楽も楽しみながら、心身ともにリラックス&リフレッシュするひとときを!
2階の屋根裏部屋ギャラリーでは、素敵な作品の展示販売や、映画上映などを開催。
🌟毎週火曜日15時~17時:心身の歪んだ周波数を元にもどすヒーリングウェーブ体験会(参加費:1,500円)
🌟 毎週水曜日11時~12時:活元運動の会(参加費:1,000円) 前世療法整体師 大海先生による心身のメンテナンス!



事業内容②

地域生活支援事業 日中一時支援事業

日中、一時的に見守り等の支援が必要な障がいを持つかたに対し活動の場を提供し、ご家族の就労支援および一時休息を図ります。2021年3月1日スタート。心和む家庭的な雰囲気の古民家で自由に過ごしたり、周りの自然豊かな田畑のあぜ道をお散歩したり、食事は心身にやさしい安全な食事を召し上がっていただけます。

セッションルームレンタル

ライオンの隠れ家会員のセラピストのかたの施術が受けられます。量子力学カウンセリング、前世療法整体、リコネクティブヒーリング、香田式ゆらぎボディヒーリング、手相・姓名判断・四柱推命など、随時ご予約いただけます。
また、メディテーションルームでの貸切宿泊も可能です。1泊 5,000円(大人2名、親子)

オルタナティブスクール (美濃市 フクロウの森)

当事者の子どもたちと、既存の公教育のシステム的ではない考え方で、次の時代の子どもたちに『真の生きる力』を育む。今までの入力型教育から出力型共育へ、相手と争うための教育から、相手を理解するための共育へ。毎月オルタナティブスクール学習会を開催しています。

メンバー紹介

代表取締役社長 
杉山 均
(すぎやま ひとし)

みなさんはじめまして杉山均です。このたびたくさんの方のご協力のおかげをもちまして、一般社団法人SEIMA137森の学校ライオンの隠れ家を立ち上げることになりました。

私は本気で思っています。この活動が、次の時代を担う新しい人類、新しい文明を築くための入り口になってくれると。

自殺防止の電話相談員を4年半やりながら、名古屋市で2期8年、政治の世界を見てきました。現場で苦しむ人たちと、政治の世界との大きなギャップに深い憤りを感じました。

現代社会は資本主義により、お金が中心の社会となっています。
大量生産、大量消費で一見社会が豊かなように見えるかもしれません。
しかし本当に人間の豊かさとはお金では買えないものだと思います。

東日本大震災でたくさんの方が亡くなり、多くの方が被災し、ライフラインを失い生きる術をなくしました。これまで築いてきた財産や家族人間関係全てが失われたのです。また、原発事故により生まれなれ親しんできた故郷を失い、そこへ帰ることもできないままの方が大勢います。
超高齢化社会少子化により人口は減り続け、経済的な理由により結婚をしない若者も増えています。

精神疾患や知的障害など障害をもたれる方がここ10年で10倍ほどになっています。

原因は明らかです。不必要な薬の投与や家畜への成長ホルモンの注射、抗生物質の投与など、農作物にはヨーロッパやアメリカでは禁止されている農薬や化学肥料があたりまえの様に日本では使われ続けています。

このライオンの隠れ家では誰もが平等に差別なく暮らせる環境を作っていきたいと考えています。

無農薬、化学肥料不使用のお米や野菜を、安心で安全な食材を提供して、発達障害のある子供たちや精神疾患に苦しむ成人の方の自立に向けた生活環境を提供していきたいと思っています。


平井 薫
(ひらい かおる)

 10年間で身に着けた量子力学をベースにした独自の心理カウンセリングを活かし、2015年に自殺防止のNPO法人 日本サイコロジスト協会(命のコール)を立ち上げる。その後、生き場を失った子どもたちと出会い、子ども支援事業、森の学校 ライオンの隠れ家を作り、子ども食堂を開催。
8人の親子と暮らした経験から、何があっても生きていける安心安全なコミュニティの必要性を感じ、仲間とともに3軒の古民家を再生し、森羅万象の恵みでヒト・モノ・トコロを再生する神羅万象プロジェクトを立ち上げ、現在活動中。
自分の世界を変えるのは自分しかいない。それを感じて動き出すかたを全力で応援します。


井川 香苗子
(いかわ かなこ)


みなさん、こんにちは。ライオンの隠れ家で新しいことを思うままにチャレンジしいてるかなちゃんです。
私が一番やりたいこと!それは、学校をつくること!馬のいる牧場があって、広葉樹と杉林に囲まれた森の中で、子どもたちがその子の持つ特性のままに、のびのびと過ごせる学校。興味があることに没頭できる時間と空間。子どもも大人もお互いが同じ1個の人間として尊重し合える。そんな学校を自分と仲間の手でつくれるチャンスが巡ってきたのです! わお! こんなにワクワクすることってないです! このライオンにいて一番うれしいこと。それは、本当にありのままの自分でいられること。「人にどう思われるか」ということを気にすることなく、自分の思いを語れること。それは、自分を受け入れてくれるという安心感がここにあるから。いま、活動している中で感じること。心の制約がないっていうのは、どうしてこんなにも自由で幸福なんだろうということ。日常の中で、なんだか社会から圧力をかけられているように思っていた。周りの人間関係もなんだか相手を値定めするような空気感があった。それはまるで、ガラスの小箱にいれられているような息苦しさ。
だけど、いま、毎日が全身手足を目いっぱい広げて背伸びしているかのよう。私は、ライオンの仲間に出会って、この胸いっぱい呼吸できる場所を手に入れました。それを、今度は、ライオンに訪れる人が味わえるようにしたい。子どもたち
はその子本来の姿で、まるで植物が太陽に向かって伸びていくように自由に成長して欲しい。大きな呼吸ができ、たくさん笑い、温かい人間関係をつくることが私の楽しみです。いっしょに楽しみましょ♪